深窓の君。

「戦場で射竦んでしまえば最後、異国の砲弾よりも先に背中に銃が飛んでくる」とまで噂される若き鬼軍師の私邸には、どうやら大切で大切で仕方のない”深窓の君”がいるらしい。

いつも見にきてくださりありがとうございます。
詳しい更新情報はTwitterでもつぶやきます!

スポンサードリンク