背景画像エリアTOP

ホストで荒稼ぎするろくでもないおとなと、失声症みなし子で家族ごっこ。自分の心に鈍感なふたりが、すこしずつ不器用コミュニケーションするお話。一緒に暮らすにつれておとなの方がどんどんデレデレしていきます。

一話 紅葉とペットボトル

二話 てのひらと一万円札

三話 小さな住居と“あき”

四話 たまごとふたり掛けソファ

五話 秋雨と苛立ち

六話 公園とスケッチブック

七話 黒い瞳と素顔

八話 残熱と我が儘症候群

九話 たまごやきと半分こ

十話 ウイスキーと建前

十一話 水族館とかけひき

十二話 キーホルダーと2回目のキス

十三話 ぬくもりと覚悟

十四話 仲直りと嵐の予兆

十五話 理性と決壊

十六話 やすらぎと萌芽

十七話 春と少しの距離

十八話 引っ越しと春終わり

↓ 小説ランキング参加中です!

Copyright 2018 Moe ――Tsuki to Nemuri All Right Reserved